区民会の会報をDVDプレスで保存

区民会は地域の活動のほかに、追記の歴史を記録する役割も果たしています。定期的に発行されている会報は、大切な資料として保存されていることも多いです。区民会の会議議事録とは別に、区民会の行事の記録としても役立っています。毎年入れ替わる役員の名簿の役割も果たしているのが区民会の会報です。しかし会報を紙で印刷したまま保存していると、場所を確保し続けなければならないことと、紙の日焼け問題が出てきます。定期的にDVDプレスを利用するのも良い方法です。全世帯に配布する紙の会報とは別に、希望者を募って配布することも可能ですし、地域活動の自治としての資料として公民館や図書館に寄贈するのも良いでしょう。DVDプレスならば、資料を劣化せずに保存できますし、省スペース効果も大きいです。必要な情報を探し出したいときに、DVDプレスしたものならば検索しやすいのも利点です。



DVDプレスの業者の選び方

DVDプレスを依頼するときは、その業者が普段どのような製品を作成しているのかに注目すると良いでしょう。同人誌の発行の一環として作成されているDVDなのか、公的な記録文書としての効果を持つDVDなのか、あるいは個人的な省スペースのためのDVDプレスなのかといった具合です。もちろん広告や宣伝のためにDVDを配布するのが基本ですが、広告目的以外の業務が多いほど、相談しやすいことが多いのも特徴だからです。とくに気をつけたいのがセキュリティ対策です。データとして預ける以上は、危機管理も大切です。危機管理対策に熟知しているかどうかは、年間のDVD作成枚数や発行枚数でも推測できますし。どのような目的のDVDなのかまで分かると、信頼性も推測できます。自分が作成したいDVDと同じジャンルや用途の発行が多い業者を選ぶと良いでしょう。



格安で高質なDVDプレス

集客するためにDVDを利用を考えている人、多いです。インターネットで動画を発信しても結局、対象者が不特定多数になってしまいます。なので、よそよそしさ感が残ってしまいがちです。といっても、DVDの内容も動画とそんなに変わらないわけです。でも、DVDを再生すると自分と相手だけの世界になるように感じてしまいます。何故なら、DVDは再生しなくては内容が判りません。とはいうものの、DVDを活用するためには多量に作らなくてはいけません。DVDプレスを利用するわけです。ただ、DVD-Rコピーだと小ロット生産するのに向いているんですが。対して、DVDプレスは多量に生産するのに向いています。しかし、DVD-Rコピーは傷がつくと再生しづらくなってきます。対して、DVDプレスは記録面に保護膜があるため多少の傷がついても平気です。しかも、劣化しにくい上に格安なので利用しやすいです。

コメントを残す


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)