DVDプレスで社内広報などの情報を整理

膨大な情報量がある社内情報を、社員全員に告知したい場合には、DVDプレスを利用すると良いでしょう。紙を使用した社内報よりも軽くて大容量です。プレスを取り扱っている業者の中には、プレス枚数が多くなるほど一枚あたりの単価が安くなる場合もあります。経費削減効果も期待できます。極秘資料や門外不出の情報は含めずに、誰が見ても良い情報だけに限定しておけば、問題なく作成できます。社内資料であれば、社員全員に配布して、予備として資料室に保管する分もブレスしておきましょう。紙の印刷物と異なり、場所を取らないのも魅力です。今まで社内報として提供していた情報を、バックナンバーとして収録しておけば、情報ストックとしての役割も果たせます。社員のパソコンに情報を集積させすぎずに、適度にプレスすることで、パソコンから情報を消去し、パソコンの負担を軽くする効果も期待できます。



DVDプレスで資料配布

町内会や自治会で作成している会報は、地域の歴史を記録しているアイテムです。普段は何気なく読み流している内容でも、まとめて見返してみると、さまざまな時代の背景が分かります。町内会費の徴収や、募金活動など、いくらだったのかを具体的に記録されているのが会報です。バックナンバーすべてを紙のままで保存すると、場所が必要です。町内会館は災害時の避難場所に指定されていることも多く、できるだけ保管資料はデータ化するなど省スペースにも配慮しましょう。DVDプレスを活用して、町内会や自治会の会報を記録しておけば、省スペースになりますし、パソコンがあればいつでも読み出せるので便利です。町内会館だけでなく、役員や会員の個人宅でも手間無く保管できるので、情報共有と歴史の記録の両面でも大変有意義です。差四の問題もあるので、まずは希望者をつのったり、役員会や防災役員などで限定的に試作してみるのも良いでしょう。



高品質な状態で大量生産ができるDVDプレス

DVDを製作する場合、パソコンを使用したDVDコピーという方法が手軽ですが、再生機器との相性によってはエラーが発生する可能性がある他、長期保存によって劣化しやすいという特徴もあります。そのため、製品として販売するには品質面で不安があり、他の方法によってDVD製作を行う必要があります。高品質なDVDを大量生産する方法として最適なのはDVDプレスで、様々な再生機器においてスムーズに再生できる他、長期保存を行っても劣化が少ないというメリットもあります。また、製作枚数が多いほど費用が割安となるので、大量生産を行いたい場合にはお得感があります。DVDプレスでは、盤面印刷の品質にも優れており、インクジェット方式とは違った高繊細な印刷が可能なので、より見栄えの良いDVDを製作したい場合には大変魅力的です。

コメントを残す


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)